男性利用客を比較

全国デリヘル主要都市を比較、今回は実際にデリヘル店を実際に利用する男性の比較です。首都圏・関西・北海道・九州・東海を独自の視点とデータで比較。デリヘル店を利用する上での参考にして下さい!

デリヘルを利用している男性は、若者から年配の方まで様々です。20代のサラリーマンの方もいれば、独身貴族の40代男性、もしくは定年を迎えた60代の男性も居ます。実際にデリヘル店を経営しているお店側のアンケートから、利用している男性の年齢層を比較してみます。

デリヘル店を利用する男性の年齢層が若い順ランキング

1位:北海道
2位:九州
3位:東海
4位:首都圏
5位:関西

北海道の男性客が最も若いのに対して、首都圏や関西は男性の年齢層が比較的高くなっている事が解ります。これは色々な要因が考えられますが、やはり値段の問題が大きいのではないでしょうか。首都圏や関西ではデリヘルよりも安価で遊べるピンサロや店舗型のファッションヘルスが多い為、デリヘルを利用するのはどちらかというと中高年の層になっているのかもしれません。地方から首都圏や関西に出てきた大学生や新社会人さんなども、デリヘルデビューするまでには少し時間が掛かっているようです。

では、各地域の男性はどれぐらいの頻度でデリヘルを利用しているのでしょうか?リピーターが多いエリアのランキングで比較してみました。

デリヘル店のリピーターが多いエリアのランキング

1位:九州
2位:東海
3位:北海道
4位:関西
5位:首都圏

こちらも同じように、首都圏と関西圏が下位に甘んじる結果になりました。人口が多い分だけ店舗の数も多い、つまりは色々なお店を巡り歩くと言う事でしょう。それに加えて、首都圏や関西には出張などでデリヘルを利用する、いわゆる一見さんが多いという事も言えます。競合が多いという事は、それだけリピーターを確保するのが難しいという事でもあります。それにひきかえ九州や東海のデリヘル店には、しっかりとリピーターになってくれているお客さんが居るケースが多いようです。お店の女の子にもしっかりと教育をして、お客さんを逃さないような工夫をしている事でしょう。