デリヘル主要エリア・東海

東海地方とは

東海地方とは、愛知県・岐阜県・静岡県・三重県の四県を総称して呼ぶのがもっともベターではないでしょうか。中でも愛知県の人口は全国でも4番目に多く、その数は740万人にのぼります。政令指定都市となっている愛知県名古屋市の人口は全国の市区町村の中でも横浜市、大阪市に次いで3番目に多く、首都圏と関西圏との中間地点として経済的な面でも重要なポジションを担っています。

東海地方のデリヘル・風俗

東海地方で風俗事情を見る時に外す事ができないのが、名古屋周辺と、岐阜の金津園です。名古屋周辺は風俗業界だけでなく経済の中心地。アフター5の時間にはたくさんのお客さんで飲食店は賑わい、ホテルのネオンも輝き、風俗業界で見てもかなり需要のあるエリアとなっています。名駅、栄、錦、丸の内、新栄、納屋橋と言ったエリアには店舗型風俗もデリヘル店もたくさん点在し、各お店が凌ぎを削っています。

一方で岐阜の金津園はソープ街として有名で、その規模は全国でも東京の吉原に匹敵すると言われています。金津園というのは総称で、正式な住所は岐阜市加納水野町というエリア。岐阜駅から歩いて数分の場所に60店舗以上のソープランドが密集しています。ここで働いているソープ嬢の数は1500名とも言われ、まさに西日本一のソープ街として有名です。値段も10.000円台の大衆店から50.000円程度の高級店までが揃っています。

東海地方のその他のエリアですと、一宮、三河、静岡駅周辺、浜松駅周辺、三重県四日市などが挙げられます。どのエリアも店舗型風俗だけでなくデリヘルも盛んなので、遊びに不自由する事はなさそうです。